2007年12月28日

激辛シロップ!

告知っす!

明日29日
三軒茶屋ヘブンズドア


にて黒田アキヒロの入場曲『誰かの世界』作っていただいている


『スクラムシロップ』


主催イベントがあります。ぜひ遊びに来て下さい。

午後4時開始

詳しくはリンク集からチェック!
posted by クロ at 16:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第五番 菅原勇介戦

2007 黒田アキヒロ7番勝負

〜第五話〜
対 菅原勇介
所属ジム 侍塾
J-networkライト級7位

試合形式
サドンデスマッチ1
ライト級(61.23kg)契約
J-networkライト級王者決定トーナメント一回戦

2007年9月16日J-network主催:
Championship Tour Of J
ディファ有明



『ベルト』


を巻くためにキックボクサーになったパンチ
巡ってきたチャンス
だからこそどんなことしてでも勝つ!

相手の菅原選手は
R.I.S.E
を主戦場にしているKOできる若手のホープ。
なめるな。

踏み台になんかされねえexclamation×2

試合は相手は評判通りのパンチとローキックを打ってきた。

始めは苦戦したが、試合終盤から自分もローキックと掴んでからの首相撲(決してクリンチではない!)で相手のバランスを崩しヒザを入れる。
3R目に入り足を掴んでこかしてから(流れの中で)ヒザを当てたかった。

結果は…
2―1の判定勝ち。首の皮一枚残った。

試合後マイクを渡されたので
まず

『ライト級はオレが必ず獲る』


そして




『チャンピオンになって


世界王者梶原龍児に



リベンジする』







勝手に言葉が出ていた…

次の11月の王者を決める興行では一日で準決勝、決勝と二回闘うハードな日程!

掴んだ運は死んでも離さない!
もう次に向かっていた。
そして運命の再会が待っている…
安東選手と闘うことが決まっていた。

リベンジっしょ!


12月29日
ケーブルTVスカイA
22時から『J-kick総集編』
ぜひ見て下さいm(_ _)m
posted by クロ at 13:57| 東京 ☀| Comment(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第四番 安東辰也戦

2007 黒田アキヒロ7番勝負

〜第四話〜
対 安東辰也
所属ジム SFK
J−NETWORKライト級8位

試合形式
サドンデスマッチ1
ライト級(61.23kg)契約
ランキング戦
(前回負けこの時オレは5位。オレが勝てば変動なし。オレが負けたら安東が5位。オレが6位に)

2007年8月3日
J−NETWORK主催:
Championship Tour Of J

後楽園ホール

安東辰也!
ここまで全勝exclamation×2大坂出身の乗ってる選手。KOもできる。
今回のテーマは

”ストップ・ザ・安東(の連勝)”

そして勝って夏の海ではしゃぎたいexclamation×2

凹んでいる時間はまったくなかったexclamation×2(つうかもともとそんな暇ないexclamation×2前回書いてた気がしたけど・笑)

1R目
コツコツローキックを効かせていく。
足にダメージがあればパンチが得意な選手も足の踏ん張りが効かなくなり弱いパンチになる。

2R目
不用意にハイキックを貰い軽くカット・・・
前回同様また

血が出た・・・

今回は平気で試合続行パンチ

3R目
ラウンドの最後にラッシュを受ける。自分ではブロックしていたつもりだが印象が悪かった…

3R判定(3−0)負けバッド(下向き矢印)
(三人のジャッジが相手に投票)

最高のリベンジストーリーを作ろうと意気込んだ試合だったが…

連敗

そして流血王子の2007はまだ続くのであった…


※12月29日
ケーブルTVスカイA
22時から
「J−KICK総集編」
チェックして下さい。

過去記事は↓
http://blog.livedoor.jp/kurochanto/
posted by クロ at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。