2007年12月21日

第一番 大高一郎戦

2007年黒田アキヒロ7番勝負

〜第一話〜
対 大高一郎
所属ジム:山木ジム
元MAキックフェザー級王者

試合形式
サドンデスマッチ1
(通常の3分3Rプラス延長1R:3Rで判定決着が付かない場合延長1R。延長は必ずどちらかを指示するマストシステム。)
契約体重60kg

2007年1月7日後楽園ホール

2006年は半年休養してからの戦いパンチだったが

あえて王者だった人間と戦うことで自分に成長を促した。

気持ちの強い選手で戦いたかった相手だった。
また自分が王者になるために超えなければいけない人exclamation×2

半年ぶりの試合で試合感覚は完全に狂っていると思いきや思ったほどでもなかった。少しスタミナ切れたけど・・・あせあせ(飛び散る汗)

今までの黒田アキヒロの前に出てローキックだけで蹴ってexclamation×2

という戦い方に少しミドルキックなど足技を取り入れた。
相手の動きに合わせ左ミドルを出すなど、クリスマス、正月を捨てた(笑)練習の成果が出せた試合だったexclamation×2

戦い方が変わった

とも言われた。

試合の方は、
自分の縦ヒジが相手の鼻を捉え(確か1ラウンド目、相手が鼻を気にしていたのが分かった)試合のペースを掴むも…

さすがは頂点に立った男大高選手は前に出続けたexclamation×2

最後の方は自分が出すべき前蹴りなど逆に打たれてしまったあせあせ(飛び散る汗)

気持ちの強さを感じたあせあせ(飛び散る汗)

ローと前に出た続けた姿勢をポイントされて

2−0で辛くも判定勝ちぴかぴか(新しい)

試合内容はバカにされたって良かった。
半年間休んだから何がなんでも、どんな形でも勝ちたかった


だから試合後は

嬉しさというより安堵感

が大きかった。


まずは2007年白星発進手(チョキ)



12月29日スカイAさん

22時から放映「J−KICK総集編」をお楽しみにexclamation×2

過去の記事は下記から
http://blog.livedoor.jp/kurochanto/?blog_id=2057461
posted by クロ at 12:37| 東京 ☀| Comment(1) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。