2007年12月28日

第四番 安東辰也戦

2007 黒田アキヒロ7番勝負

〜第四話〜
対 安東辰也
所属ジム SFK
J−NETWORKライト級8位

試合形式
サドンデスマッチ1
ライト級(61.23kg)契約
ランキング戦
(前回負けこの時オレは5位。オレが勝てば変動なし。オレが負けたら安東が5位。オレが6位に)

2007年8月3日
J−NETWORK主催:
Championship Tour Of J

後楽園ホール

安東辰也!
ここまで全勝exclamation×2大坂出身の乗ってる選手。KOもできる。
今回のテーマは

”ストップ・ザ・安東(の連勝)”

そして勝って夏の海ではしゃぎたいexclamation×2

凹んでいる時間はまったくなかったexclamation×2(つうかもともとそんな暇ないexclamation×2前回書いてた気がしたけど・笑)

1R目
コツコツローキックを効かせていく。
足にダメージがあればパンチが得意な選手も足の踏ん張りが効かなくなり弱いパンチになる。

2R目
不用意にハイキックを貰い軽くカット・・・
前回同様また

血が出た・・・

今回は平気で試合続行パンチ

3R目
ラウンドの最後にラッシュを受ける。自分ではブロックしていたつもりだが印象が悪かった…

3R判定(3−0)負けバッド(下向き矢印)
(三人のジャッジが相手に投票)

最高のリベンジストーリーを作ろうと意気込んだ試合だったが…

連敗

そして流血王子の2007はまだ続くのであった…


※12月29日
ケーブルTVスカイA
22時から
「J−KICK総集編」
チェックして下さい。

過去記事は↓
http://blog.livedoor.jp/kurochanto/
posted by クロ at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

第三番 細野 岳範戦

2007年 黒田アキヒロ7番勝負

〜第三話〜
対 細野岳範
所属ジム チームドラゴン
J−NETWORKライト級5位

試合形式
なぜか…
3分3Rヒジあり

ライト級(61.23kg)契約
ランキング戦
(この時点でオレは4位。オレが勝てばランキングに変動なし。細野が勝てば4位に。)

2007年6月3日
J−NETWORK主催:TEAM DORAGON QUEST1
後楽園ホール

チームドラゴンとの対抗戦パンチ
J−NETWORK代表としてドラゴン食いと意気込み、ウォーミングアップから身体の調子が良かったグッド(上向き矢印)

試合序盤、最初に放ったローキックもキレがあったexclamation×2

そして…

「よっしゃぶっ倒してやるむかっ(怒り)

と思った次の瞬間exclamation×2

サクッexclamation×2

スパッexclamation×2

ダッーexclamation×2



「なんじゃこりゃ〜exclamation×2


額をヒジで割られ大流血!

嘘?どんっ(衝撃)

全然血が止まらない…あせあせ(飛び散る汗)



ドクターストップにより

1R TKO負けバッド(下向き矢印)

応援団は引いていたバッド(下向き矢印)

くそっー

秒殺exclamation×2

された雪

情けなさすぎて相当凹んだ…

忘れられないむかっ(怒り)

今は底辺でどん底だが…

絶対に…

リベンジむかっ(怒り)


自分の力で最高のストーリーにしてやると誓ったむかっ(怒り)


※12月29日
スカイA
22時から
「J−KICK総集編」
チェックして下さい。

過去記事は
http://blog.livedoor.jp/kurochanto/
posted by クロ at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

第二番 靖卓戦

TS380089%2eJPG[1].JPG

2007年黒田アキヒロ7番勝負

〜第二話〜
対 靖卓
所属ジム シルバーウルフ
元NJKFライト級 8位

試合形式
サドンデスマッチ1

ライト級(61.23kg)契約

2007年3月21日 ディファ有明

前回の元MA王者大高戦から約2ヶ月空けての試合。


相手はK−1MAXの顔
魔裟斗
選手の所属するシルバーウルフからの刺客exclamation×2元NJKFライト級ランカー…とはいえブランクがある選手。絶対に負けるわけにはいかなかった。

自分がこれまで積み上げてきたランキングを死守という言葉(あまり好きな表現では無いけど…)が適切だったと思うexclamation×2
それとイケメンキラー黒田としては、イケメン集団には負けらんねえexclamation×2と俄然闘志に火がついた爆弾写真のTシャツのように(笑)

靖卓選手はローキックが強い選手なので、ローキックの打ち合いになると思いきや相手はパンチで来た。

しっかりブロックして、コツコツとローキックを当てて首相撲(組んでから相手のバランスを崩してからヒザ、ヒジを当てる。決してクリンチではない!)からヒジをあていくと、あと一歩で倒せる感覚だったが…

3R判定3−0

勝ちぴかぴか(新しい)

いい選手と闘えて成長も出来るんだが、この闘いを終えて思ったのは
切実に

「ベルトが欲しい」


もっとキックを面白くして、メジャーにしてえexclamation×2

と自分が入門したての欲がある気持ちを思い出してたexclamation×2

※12月29日
ケーブルTV
スカイA

22時から
「J−KICK総集編」
をお見逃し無くexclamation×2

過去記事は下記↓
http://blog.livedoor.jp/kurochanto/?blog_id=2057461
posted by クロ at 13:49| 東京 ☁| Comment(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

第一番 大高一郎戦

2007年黒田アキヒロ7番勝負

〜第一話〜
対 大高一郎
所属ジム:山木ジム
元MAキックフェザー級王者

試合形式
サドンデスマッチ1
(通常の3分3Rプラス延長1R:3Rで判定決着が付かない場合延長1R。延長は必ずどちらかを指示するマストシステム。)
契約体重60kg

2007年1月7日後楽園ホール

2006年は半年休養してからの戦いパンチだったが

あえて王者だった人間と戦うことで自分に成長を促した。

気持ちの強い選手で戦いたかった相手だった。
また自分が王者になるために超えなければいけない人exclamation×2

半年ぶりの試合で試合感覚は完全に狂っていると思いきや思ったほどでもなかった。少しスタミナ切れたけど・・・あせあせ(飛び散る汗)

今までの黒田アキヒロの前に出てローキックだけで蹴ってexclamation×2

という戦い方に少しミドルキックなど足技を取り入れた。
相手の動きに合わせ左ミドルを出すなど、クリスマス、正月を捨てた(笑)練習の成果が出せた試合だったexclamation×2

戦い方が変わった

とも言われた。

試合の方は、
自分の縦ヒジが相手の鼻を捉え(確か1ラウンド目、相手が鼻を気にしていたのが分かった)試合のペースを掴むも…

さすがは頂点に立った男大高選手は前に出続けたexclamation×2

最後の方は自分が出すべき前蹴りなど逆に打たれてしまったあせあせ(飛び散る汗)

気持ちの強さを感じたあせあせ(飛び散る汗)

ローと前に出た続けた姿勢をポイントされて

2−0で辛くも判定勝ちぴかぴか(新しい)

試合内容はバカにされたって良かった。
半年間休んだから何がなんでも、どんな形でも勝ちたかった


だから試合後は

嬉しさというより安堵感

が大きかった。


まずは2007年白星発進手(チョキ)



12月29日スカイAさん

22時から放映「J−KICK総集編」をお楽しみにexclamation×2

過去の記事は下記から
http://blog.livedoor.jp/kurochanto/?blog_id=2057461
posted by クロ at 12:37| 東京 ☀| Comment(1) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

2007

もうすぐ寝るとお正月…
つうことで自分が闘った

「2007年 黒田アキヒロ七つの勝負」

を自分自身で振り返ろうと…(近々公開予定)

そして

12月29日

に放送される
ケーブルTV

スカイAさんの

『J―kick総集編』
を見てまた反省してみよう。
凹むんだろうな(笑)

来年へのステップアップのためにパンチ

http://blog.livedoor.jp/kurochanto/?blog_id=2057461
posted by クロ at 23:10| 東京 ☁| Comment(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。